ホーム > 内職で稼げるか検証 > 【マスク注意報!】マスク蒸れでお肌にトラブル発生!?常在菌が活発化、皮膚炎に悩む日々

3566076_s.jpg

新型ウイルス感染症に伴い、外ではほぼ全員がマスク姿で歩いていますよね。

マスクをしていなければ、嫌な目で見られたり、中には他人から注意を受けるという方もいらっしゃるようです。そんなマスク生活を余儀なくされている私たちですが、ここにきてさらなる問題が発生したのでご紹介します。

マスクをしていると、「マスクの中が蒸れる」「肌がただれてかゆい」「息苦しい」などなど、高温多湿の日々が続く中、特にこのようなトラブルに悩まされる方が増えてきています。

でも、新型ウイルス感染症対策としてマスクは欠かせない状況です。ですので、無理やりにでもマスクをしている人が多いのですが、マスクにこもった息の湿気に汗の刺激が加わり、口の周囲の皮膚トラブルに悩まされている人が増えているそうなのです。痛みも我慢できませんが、痒みもまた辛いもの。かゆみや炎症にどう対処すればよいのか、考えてみましょう。

トラブルの原因は何?

マスクによる皮膚トラブルを、マスク皮膚炎と呼ぶこともあるようですが、これらの原因は主にどんなものなのでしょうか?またどのような対策があるのかそれぞれ見ていくことにしましょう。

蒸れが要因

マスクによる皮膚トラブルの大きな原因は、蒸れによるものです。基本的にマスクはつばや飛沫(ひまつ)などを封じ込めるので、通気性は悪いようにそもそも作られています。息に含まれる熱気や湿気、汗が皮膚とマスクの間に留まって蒸れの原因になるのです。蒸れは、マスク着用に伴うトラブルの最大の要因となります。

綿やガーゼ生地のマスクは、医療用の不織布に比べて気密性が低い上に吸湿性があるのでまだマシなのですが、それでも、長時間装用していれば蒸れは避けられないのが現状です。

緩和方法は?

不織布のマスクを使う場合は、ガーゼや使い古した綿のTシャツの生地を不織布の間に挟むだけでも、湿気を吸ってくれてだいぶ違うそうです。となると、これから夏に向けては、市販の使い捨てマスクよりも布製の手作りマスクのほうが皮膚トラブルは防げるのではないでしょうか?

マスクと皮膚の摩擦

トラブルが起きるもう一つの大きな要因は、マスクと皮膚の摩擦です。皮膚を保護する表皮の角質が蒸れによりふやけてバリア機能が低下した中での摩擦から、口の周囲が赤みを帯びたり、かゆくなったりすることがわかっています。こうしたケースについて多くは、炎症が絡んでいると指摘する医師も。

マスクを洗濯しよう

炎症を防ぐには、皮膚を清潔に保つことがなにより大切です。一般的なマスクは決められた期間で使い捨てにして、再利用しない。ガーゼや綿のマスクは使用後洗剤に漬け置きした後に押し洗いするなどし、清潔を保ちながら間隔を開けて使い回すようにしていくことで、トラブル回避していきましょう。

実は重要な保湿

マスクによる皮膚トラブルで多いのが、頬と顎といった、マスクの形通りに赤みと小丘疹が認められる状態です。これを緩和するには、実は肌の保湿が重要なんです。

皮膚の湿度を適度に保持することに、気を使うことでかなりトラブルから逃れられます。マスクの中は、蒸れているから保湿は不要と思う人も多いかもしれませんが、例えば入浴後にこそ保湿が必要なことを思い起こしてほしいんです。

マスクを外した直後は入浴後と同様に皮膚が乾燥してしまっています。保湿のためには、帰宅後にマスクを外したらすぐに洗顔した上で、基礎化粧水や保湿クリーム、保湿リップを使った丁寧なケアを欠かさないようにすると良いでしょう。帰宅時や就寝前などに最低1日2回は心がけたいところ。

また、肌への負担を減らすため、化粧はできるだけナチュラルメークがおすすめです。どうせマスクをすれば顔の半分は見られないですし、口紅などはマスクに付着してしまうから正直無駄な行為です。それよりも、これからの季節は、メイクより日焼け対策が必須。

マスクの下は紫外線(UV)が届きませんし、UVケアマスクも販売されているので大丈夫ですが、周辺はマスクのずれでまだらに日焼けします。マスクを取ると、マスク部分とその他の色が違って、最悪、顔の上下で色が違うという何だかみっともない状況に。

UVケアは顔全体に行い、マスクを装着したあと、マスクで隠れていない部分にUVクリームを塗るくらいの対策を行うことを忘れないようにしましょう。もちろん男性もマスクを装着する限りはUVケアは必須ですよ!

酷い場合は迷わず皮膚科に!

肌を清潔に保ち、保湿などさまざまな対策を続けても、かゆみが強い場合などは市販の消炎薬の使用を検討してもいいかもしれません。

また、炎症が起きると、どうしても皮膚の防御機能が低下しがちです。この場合、細菌感染に注意が必要。

皮膚にはさまざまな常在菌が在中していますが、皮膚が元気な時は抵抗力がありますので、ニキビの原因になるようなアクネ菌などは静かにしてくれていますが、皮膚の防御機能が低下してくると、これらの菌が活発化してニキビができるケース、細菌性の皮膚炎を発症する患者も少なくないそうです。

細菌は増殖して赤みや腫れなどの症状が強くなったり、広まったりするため、必要に応じて抗菌薬などを使った治療が必要になります。皮膚が赤みを帯び始めたり、かゆみや湿疹、ニキビがひどくなったりした場合は、ためらわずに皮膚科の受診を考えて早めの治療を心がけましょう!

まとめ

新型ウイルス感染症の予防のために、鬱陶しい思いを我慢して装着しているマスク。そのマスクが今度は皮膚炎の原因になってしまうなんて、なんともやりきれない気分ですよね。私もそういわれてみれば確かに顔が痒いなと思うとこがあって、マスクを外してしばらくするとスッキリ治るのでどうしてかなと思ってはいたんですが、まさか皮膚のトラブルだったとは思ってもいませんでした。

確かに、蒸れる梅雨ときにはマスクをすることは滅多にありませんし、今までマスクをすることで痒みや皮膚炎が起こることなんかなかったので、気づかない方も多いと思います。

マスクだけでなく、フェイスシールドをされている方もいますが、こちらも通気性が全くありませんので曇ったりこもったりしやすいです。周りに人がいない状況、2m以内に人がいない状況になたらマスクを外したり、フェイスシールドを取ったりしてお顔回りの換気を心がけてくださいね。


ソーシャルボタン

関連コンテンツ