ホーム > 内職で稼げるか検証 > マスクをハンドメイド!100均で揃う材料で縫わないで作れる!?

joyful06.jpg

新型ウイルス感染症の影響で、stay home 「家にいましょう」が叫ばれている世の中となっていますが、それでも不要不急以外はやはり外出が必要な場合があります。

お仕事も、テレワークに切り替える方も増えてきましたが、飲食店にお勤めの方や病院、介護施設、物販、運送、役所などは在宅ワークというわけにはいきませんよね。

ですので、不要不急の外出を控えろといっても、そうできない理由の方だってたくさんいるのです。

また私たちはその方たちのおかげで、不自由なく生活で来ているのも確かですので、感謝しなければなりませんよね。

お仕事だけでなく買い物や通院、通学などで外出を余儀なくされることだってあります。

このようなときに、マスクの着用が半ば義務付けられている状況でもありますが、とはいえ現在市販のマスクが品薄でなかなか手に入りません。

政府から配布予定のマスクの供給もスムーズではないイメージがあります。

そこでマスクを手作りしちゃおうという方が増えてきていますが、ハンドメイドって凝れば凝るほど実はお金がかかる趣味でもあるんです。

もちろん今回ご紹介するマスク作りは、決して趣味というわけではありませんが、生活必需品としてのマスクもできるだけコストをかけないで作れれば、その分数も作れますので変えの分もできますので、安心ですよね。

また、高価な生地や材料を使ってしまうと、作ったときにもし失敗してしまったらと思うと怖くて使えないこともあるのではないでしょうか。

というわけで今回は、リーズナブル生活の強い味方、100円ショップでマスクの材料を購入して作成できないか調べてみました。

上記の様な内容をお伝えしますので、100円ショップで材料を購入しようかなと思われている方は是非お買い物前に参考にしてみてください。

マスクの材料を100均で集めよう

さっそく、100円ショップで揃うマスクの材料についてお伝えしますが、その前に注意してほしいことがあります。

100円ショップは、商品のほとんどが100円で購入できるリーズナブルな店舗として有名で、100円ショップに行かれたことがあるかたはご存じだと思いますが、本当に何でも揃うんですよね。

こんなものまであるの?こんなものが100円で!?と驚き価格で販売されていたりと、まるでアミューズメントパークにでも行ったかのような驚きと感動が得られますので、筆者も大好きなのですがこの100円ショップ、あまり夢中になっていると本来なら100円以下でも入手できるようなものも100円で入手してしまうことになりかねません。

よくあるのが使い捨ての商品なのですが、同じ商品でも100円ショップで売っている物は枚数が少なかったりと、結局ホームセンターで大容量のものを購入したほうが安かったということにもなりますので、ご自身が欲しいものが100円ショップで購入することが妥当かどうかはきちんとチェックする必要があるでしょう。

マスクの材料も同様です。

100円ショップでは手芸用品も豊富に販売されていますが、生地などは手芸やさんでセール品を購入したほうが安いという場合もありますので要注意。

また、商品の質にも注意が必要です。

確かにリーズナブルではあるものの、例えば100円ショップで購入したミシン糸は切れやすいなどのデメリットもありますので、ただ安いだけで購入するのはかえって損になってしまいます。

1)ダイソーで揃うあれこれ

100円ショップで有名なダイソーですが、ここも「ないものは無い」と言うほど品揃えが豊富です。

ダイソーは、生地や手芸用品の材料以外にも、ラッピング用品なども豊富なので手作りマスクを販売することを考えておられる方は、せっかく作った商品をいかに可愛く販売するかも考えたほうが良いでしょう。

生地、マスクゴム、ガーゼなどもダイソーで販売している場合もありますが、現在は品薄状態が続いていますので、いくつかのお店をチェックしてみましょう。

ダイソーの公式サイトをチェックする

2)セリアでハンドメイドマスクの素材探し

セリアも100円ショップでは有名なお店ですよね。

セリアはどちらかといえばインテリア用品が充実しているイメージがありますが、もちろんマスク作りに必要な材料も販売しています。

生地や糸、ゴムなどのほかに、ワンポイントで付けるようなワッペン、綺麗なボタン、シールなども揃っていますのでちょっと個性的なマスクを作りたいなと思っている方はセリアをチェックしてみてくださいね。

セリアの公式サイトをチェックする

100均で揃えた資材で作る手縫いのマスク

このような状況になって筆者も初めて経験したのですが、実はミシン自体も品薄なんです!

少し話が逸れますが、私は母親から譲り受けた昔のミシンをずっと使っていました。

実に50年以上に渡って活躍してくれていたのですが、ここにきてこのタイミングで、しかもマスクを作るわけではないのに、壊れてしまったんですね。

私は手芸教室に通っているので、先生に相談して一念発起して職業用のミシンを買うことにしたんですが、在庫がない!ミシンの様な高価なものですら品薄になっていたので、もう世の中どうなってしまうのかと不安に思ったものですが、なんとか入手することができました。

このように、ミシンが欲しくてもすぐに手にはいらない、もしくはミシンが無い、ミシンは使えないという方は手縫いでも十分マスクを作ることが可能です。

100円ショップでは、マスクを作るのに必要な生地はもちろん、針や糸も販売していますので手縫いでマスクを作る予定の方は100円ショップで、材料が十分揃いますのでチェックしてみてくださいね。

マスクを手作り!100均にあるものでできる縫わないものは?

マスクをミシンや手縫いで作る材料をご紹介してきましたが、中にはお裁縫が全くできないという方もおられるでしょう。

そのような方には、「縫わないでできるマスク」を作ることをおススメします。

100円ショップで揃えるマスク用の材料は基本的には、縫うものと同じなのですが糸とハリで縫合するかわりに、接着剤を使ってマスクを作る方法もありますので、ためしてみてください。

マスクを縫わないで作る方法は下記の記事に詳しくまとめましたので参考にしてみてください。

マスクの手作りのタイプは?初心者でもできる縫わない方法とは

マスクを縫わないで作る方法ですが、接着剤を使用するのが主な方法です。

ですが、マスクは顔に直接装着するものですので、きちんと乾いてから装着する、できれば布を接着する専用のものを使うことをおススメします。

マスク手作り!100均で揃うものでペーパーマスク

さて、上記では手作りマスクでも使い捨てではなく洗って使える布製のものの材料をご紹介してきましたが、ここでは使い捨てのマスクが作れるかどうかについてお伝えします。

手作りマスクのメリットは、何回も洗って使えるので経済的であるという点でありますが、中には「洗濯はめんどくさい」「できれば1回1回使いたい」という方もおられるでしょう。

そのような方には、100円ショップで販売しているものを使って紙製、つまり使い捨てマスクを作ることもおすすめです。

そもそも使い捨てのマスクを手作りするという概念はないので、あくまでも市販の使い捨てマスクの流通が落ち着くまでの代用品ということになることをご了承ください。

またもしかしたら材料費が市販の使い捨てマスクの価格を超えることがあるかもしれません。

100円ショップでは、ペーパーフィルターや、レンジフードフィルター、キッチンペーパーなども販売していますが、これらがマスクの代用品として注目されています。

特にキッチンペーパーでマスクを手作りする方法が色々な動画でも紹介されていますので、チェックしてください。

たくさんの動画がありますが、ひとつだけキッチンペーパーでマスクを作る方法が紹介された動画を挙げておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は100円ショップで購入した材料で手作りマスクを作る方法についてご紹介しました。

この時期を乗り越えて、再び日常を取り戻すには一人一人の努力や意識の問題になってきます。

また、予防に関しては一人一人が楽しみながら工夫してできるのが一番良いので、100円ショップで材料を買う際もワクワクした気持ちでお買い物すると良いですね♪


ソーシャルボタン

関連コンテンツ