ホーム > 内職で稼げるか検証 > 手作りマスクの型紙徹底研究!どの形が作りやすい?図案紹介も

新型ウイルス感染症の影響で、緊急事態宣言が出され、自粛生活が続いている昨今ですが、この機会にお家時間を楽しんでいる方も多くお見受けします。

今までできなかったことをしてみよう、やりたかったけど時間が無くてできなかったことをしようと色々なことにチャレンジする方が増えましたよね。

私も、この自粛期間にさまざまな「学び」を自分なりに行って解除後に、人として一回り大きくなれればと日々頑張っています。

そんな中、特に多いのが料理や手芸にチャレンジする方です。

料理は今まで自炊したことが無かった方も、飲食店が閉店を余儀なくされている状況では、テイクアウトばかりではなく自分でもちょっとやってみようかなという方が増えて来たようですね。

また、手芸は、現在品薄状態のマスクを手作りする方が増えたため、手芸用品も以前より多く売れているようですよ。

手芸をしたことが無い方が、いきなり洋服やカバンを作るとなるとハードルが高いですが、マスクを作るとなると初心者でもできるものがありそうですよね。

さて、何かを制作するにあたり必要になるのが「製図」です。

手芸で言うと型紙になりますね。

この型紙、自分で一から作るとなると、マスクの様な単純な形状のものであっても意外と大変です。

そこで今回は、マスクを手作りするための型紙についてを中心に

上記の様な内容でお伝えすることにしました。

今からハンドメイドでマスク作りをしようと思っている方、是非参考にしてください。

手作りマスクの形はこれがおすすめ!

手作りマスクの形状ですが、絶対にこれでないとダメというものはありませんが、だいたい形は決まっているようです。

手作りでマスクを作る場合の基本の形は、扇形を組み合わせたような形のもので、仕上がりは立体タイプになります。

いくつかご紹介しますので、チェックしてみてください。

1)初心者さんもできる平面の型紙

joyful11.jpg

まずは、初心者さんでもできる平面の型紙をご紹介します。

こちらは、新潟日報にも掲載されていた平面マスクの型紙です。

こちら、ご覧いただきますとよくわかるのですが、正直「型紙」というような大層なものは必要ありません。

こちらのサイズ通りに切っていただき、縫い合わせるだけのシンプルなマスクですので、立体に縫う自信がないという方にはおススメの形になります。

2)ポケット付きのマスクが作れる型紙

ポケット付きのマスクと言うのは、内側にポケットを付けることで、その中にフィルターを入れて使うもののことです。

フィルターを入れ替えできれば頻繁に洗わずとも、常に綺麗な状態でマスクを使うことが可能です。

平面マスクよりも少し難しい造りになりますが、初心者さんにもできますので、この機会にチャレンジしてください。

ポケット付きのマスクの型紙をダウンロードする

作り方のページはこちら

3)立体マスクができる図案

私も使わせて頂いた型紙を紹介します。

立体マスクの型紙をダウンロードする

こちらが、ごく一般的に作られているマスクの型紙です。

立体部分が少し縫うのに苦労しますが、切込みを入れながらゆっくり縫っていくと思っているより綺麗な形にしあがりますので、是非作ってみてください。

立体マスクの作り方はこちら

マスクの手作りでさらしを使う型紙ってどんなの?

マスクを手作りするのに、材料不足が問題視されているのですが、代用品としてさらしが使われていることもあります。

さらしは、むかしは赤ちゃんのおむつに使われたりしていた布なのですが、伸びないのでどの方向に使っても構いません。

ちなみにニットなど伸びる生地を使う場合は、伸びる方向が横になるようにマスクの生地を裁断して使います。

なお、さらしを使う場合も普通の型紙を利用して全く問題ありませんので、上記でご紹介した型紙を使って作ってみてください。

マスクの型紙の印刷方法とは?原寸大でできる?

マスクの型紙ですが、市販のものを購入するのももちろん構いませんが、ここでもご紹介した通り、無料でネット公開してくれているところがほとんどなので、そちらを使いましょう。

印刷の方法ですが、基本的にはそれぞれの型紙を紹介しているサイトの指示に従えばできますが、通常はA4サイズに原寸大で印刷することが可能ですので、便利です。

マスクの型紙をダウンロードし、パソコンに保存した後に印刷画面でA4に設定し、100%の倍率で印刷すればOKです。

型紙なので特にカラー印刷にこだわることはありません。

どうしてもパソコンでできない、プリンターが壊れていてできないという場合は、データをUSBなどに入れて行けば、コンビニでも原寸大に印刷することは可能ですので試してみましょう。

まとめ

今回は、手作りマスクの型紙に特化してまとめてみました。

フリーハンドでできる場合はそれでもいいのですが、例えばマスクを手作りして販売するという場合は、大きさがきっちり決まっていた方が良いですし、揃えたほうがいいので型紙を作っておく方が良いですね。

また何個もマスクを作るのであれば、コピー用紙などより少ししっかりした厚紙などで型紙をつくると良いと思いますよ。

あなただけのオリジナルな素敵なマスクを作ってみてくださいね。


ソーシャルボタン

関連コンテンツ