ホーム > 内職で稼げるか検証 > マスクを手作りしよう!使い捨てタイプも自分で作れる?

15893578155465.jpgのサムネイル画像

新型ウイルス感染症拡大防止のため、色々な予防策が取られています。

ようやく自粛が解除されたとはいえ、このウイルスへの対策はいまだ完全ではありません。ワクチンも特効薬もできあがっておらず、罹患すると最悪死亡するケースがあとを絶たない状況ともなっておりますよね。

ですので、政府は「新しい生活様式」を提案し、「不要不急の外出は控える」「マスクを着用する」「手洗いうがいアルコール消毒を徹底する」「ソーシャルディスタンス」「密になる場所にはでかけない」などを掲げています。

この中で、どの項目も重要ではありますが、目に見える形での予防がマスク装着となります。

通常、マスクは使い捨てが主流でしたが最近では、使い捨てマスクが品薄となったため、手作りマスクを作って装着して出かける人が増えてきました。

とはいえ、手作りのマスクにもデメリットがあり、「こまめに洗わなければならない」「手軽ではない」「手作りするとなると意外と難しい場合がある」など、使いにくいケースもあるのが現状です。

そこで、使い捨てマスクを「作る」ことはできないか考えてみましたので、ご覧ください。

マスクを手作り!使い捨てタイプを作るのに必要なものは?

ではさっそく、使い捨てのマスクを作るのに必要なものを考えてみましょう。なお、使い捨てマスクはあくまでも市販品であり、ここで言う「手作りの使い捨てマスク」は市販品が潤沢になるまでの代用品であることをお伝えしておきます。

当然、これらで作った使い捨てマスク代用品には、市販のマスクより予防効果が低いことはご承知おきください。

キッチンペーパー

キッチンペーパーは、手作りマスクで使い捨てのものの材料として一番ポピュラーなものではないでしょうか。

キッチンペーパーを使った使い捨てマスクの作り方は、とても簡単ですしこれとゴムさえあれば、誰でも簡単にマスクを作ることが可能です。

ここで、キッチンペーパーを使ったマスクの作り方動画をご紹介しましょう。


マスキングテープ

マスキングテープは、紙のテープでこれだけでマスクを作ることはできませんが、上記で紹介したキッチンペーパーを使ったマスクなどの補助材料として使うことが一般的です。またマスキングテープは可愛らしい図柄のものが多く出回っておりますので、ちょっとしたワンポイントやおしゃれを楽しむのに良いですね。

両面テープ

両面テープも、使い捨てマスク(手作り)には欠かせない部品です。これがあれば、わりと本格的なマスクができますし、例えばキッチンペーパーを使ったマスクではホッチキスでゴムを留める方法もありますが、皮膚を傷つけてしまう可能性もあるため、テープ類のほうが安心です。

また、布用の両面テープを使用すれば、縫わないで布のマスクを作ることもできますので、一つ持っておかれると良いでしょう。

手作りマスクはこんなものでも作れる!使い捨ての代用品は?

使い捨ての手作りマスクを作るにあたって、「こんなものが」と驚くものが代用品として使える場合があります。

こちらもあくまで代用品であり、どうしても材料が揃わない場合にのみ使用すべきで、本来の使い方以外の使い方で使用するのは本当はよくありませんよね。しかし、何もかもが品薄状態の昨今、しょうがない部分があり、予防と言う観点では致し方ない場合もありますので、節度を守って利用するよう心がけましょう。

レンジフィルター・レンジフードフィルター

レンジフィルターは、換気扇に付けるフィルターのことで、もともと油やゴミをキャッチする効果があることからマスクの材料として注目されたものです。通気性もよく、わりと丈夫ですのでマスクの材料としては最適かもしれません。100円ショップでも販売しているので試してみるのも良いでしょう。

水きりネット・水切りフィルター

台所用の水切りネットも代用品として使用できそうです。こちらは、編みタイプではなく不織布タイプのものをおすすめします。目が細かいネットのほうがより手作りマスクを作る材料としては使用しやすいかもしれません。

ペーパーフィルター

ペーパーフィルターは、主に珈琲を入れるのに使用するフィルターで、こちらはあらかじめ立体になっているのでマスクとしては使いやすいかもしれませんね。他の代用品はある程度加工が必要ですが、ペーパーフィルターですと、これに紐やゴムを付けるだけで簡易マスクとして使用出来ちゃいます。

マスクの手作りで使い捨てを作る場合の注意点は?

マスクを手作りする際、使い捨てマスクを作る場合の注意点としては、まず、これらの商品が手作りマスク用に作られたものでは無いということです。ですので、当たり前ですが予防効果は低いですし、本来マスクに使用するものではありませんので、直接肌に触れて良い素材かどうかは自分で確認する必要があります。

できれば小さなお子様には、このような代用品を使ったマスクを使用させることは避けたほうが無難です。

まとめ

かなりマスクの供給が落ち着いてきたとはいえ、まだまだ高額です。以前に販売されていたものより倍くらいの価格にはなってしまっていますので、このような代用品を使ってリーズナブルに作りたいという方に、お役立ちいただければ嬉しいです♪


ソーシャルボタン

関連コンテンツ