ホーム > 内職で稼げるか検証 > 新型ウイルス感染症拡大防止のためのマスク!子供にもさせるべき?

kidsmask6.JPGのサムネイル画像新型ウイルスの感染症予防として、外出時にはマスクを着用することが普通になってきましたよね。

大人の方は、もちろんマスクやフェイスシールドなどで予防をすることは必須ですが、子供さんへの対策はどのようにすればいいのでしょうか?

中には

「子供へのマスクは何歳から?」

「どうやって説得するの?」

「そもそも子供も感染するの?」

など、さまざまな疑問やお悩みを抱えておられる方も多いでしょう。

また、大人用のマスクはかなり流通し始めましたが、子供用のマスクはまだまだ品薄です。

子供用のマスクが無い場合、どうすればいいのかなども含めてお伝えしていきます。

子供へのマスクは何歳から着用させる?乳幼児には危険って本当??

新型ウイルス感染症を予防するには、「3密を避ける」「ソーシャルディスタンスを守る」「手洗いうがいをきちんと行う」「アルコールでこまめに消毒」「マスクを付けて外出する」などさまざまな予防法が政府側からも提案されています。

しかし、これはあくまで大人へ向けた予防方法で、子供さんへの予防は少し違う場合もあるようです。

例えばマスクです。

子供用のマスクがありますが、これはいったい何歳から装着するべきなのでしょうか?保育園や幼稚園によっては来園時に必ずマスクの装着をするようにお願いしている園もあります。しかし、乳幼児へのマスクは、予防どころか危険であるという意見も実はあります。

小さなお子様、特に乳幼児は気管も細く弱いので、マスクをしてしまうと呼吸困難に陥り窒息する恐れがあると言います。ある程度呼吸のコントロールができるようになる、5歳児くらいからのマスクの装着が望ましいと言えるでしょう。

子供がマスクを付けてくれない場合はどうする?

ところで、小さなお子様が外出時にマスクの装着を嫌がる場合はどのように工夫してマスクを付けさせるのが良いのでしょうか?

色々な方法がありますが、「手作りで可愛いマスクを作る」「お母様やお父様と同じ布で作って家族でお揃いにする」「お友達とお揃いのものをさせる」などが挙げられます。大人でもマスクは鬱陶しいので、できれば外して外出できる日が1日でも早く来るよう願っているくらいなので、小さなお子様に至っては顔を覆うものは嫌がる可能性が高いです。

でも、可愛いキャラクターものの生地や、お子様の好きなアニメのキャラクターの生地でマスクを作ったり、ワッペンを貼る、名前を刺繍するなど「予防策」ではなく「おしゃれ」として考えて与えると、喜ぶこともあるようです。

さらに、大人の真似をしたがる年齢のお子様には、大人と同じ生地でマスクを作って「お揃いね」と渡してあげるのも効果的です。さらには、お友達とお揃いのマスクを作って、「これ〇〇ちゃんとお揃いだよ」と言って渡し、お友達にもプレゼントなさるととっても喜ばれるので一石二鳥ですよね。

また、どうしても嫌がる場合は無理につけさせても、大人の目の届かないところで勝手に外す場合もありますので、無理にはつけさせないで、必ずお子様自ら納得している状態で装着させるのが良いと思います。

子供にも新型ウイルスは感染するの?

最近では、テレビでも若年層の感染者が増えてきているとニュースでも伝えられていますよね。子供にももちろん新型ウイルスは感染します。また抵抗力の弱い子供さんやお年寄りの方が感染してしまいますと、命に係わる場合も考えられますし、何よりまだ治療薬やワクチンが開発されていないことを考えますと、完璧に予防する必要があります。

目に見えない脅威と戦うのはとても大変ですし、心配ですが、しっかり予防できるようにつとめていきましょう。

子供は〇〇が理解できない!どうやって説明する??

いくら、お子様に言い聞かせても「お友達との距離を保って」と言っても子供はそれが理解できませんよね。そう、子供さんはソーシャルディスタンスを理解できないんです。

ですので、子供には

「手洗いうがいをきちんとしないとだめ」

「やたらと顔を触らない」

「お友達と会う時は、必ずマスクをしないとだめ」

「いろんなところを触らない」

など、予防に関する注意の他、もし新型ウイルスに感染するとどんなに怖いのかもきちんと教えていく必要があります。

まとめ

小さなお子様をお持ちの親御さんは、ただでさえ得体のしれない新型ウイルスは怖いのに、余計に心配ですよね。

しかし、いかにきちんと理解させ、予防を徹底するかがお子様の命を守ることにもつながりますので、是非徹底して注意してあげてくださいね。


ソーシャルボタン

関連コンテンツ