ホーム > 内職で稼げるか検証 > 手作りマスクを売ってみたい!無料でできるネットショップのやり方とは

3583611_s.jpg皆さんは今、どんなマスクを付けていますか?

私は、出かける場所によって変えています。

ちょっとご近所まで出かけるときは布製のマスク、人が密集している場所にはめったに行きませんがどうしても用事で、行かねばならない時にはウイルスをできるだけブロックしてくれる不織布のマスクをしています。

さて、皆さんの中には手作りマスクを購入した、お友達に作ってもらったものをしている、はたまた自分で作ったマスクを付けているという方もいらっしゃるでしょう。

この新型ウイルス感染症予防で、マスクが必須になった際に、いち早く手作りマスクに着手し、かなりお小遣いを稼いだというつわものもいると聞いています。また、特にウイルスが蔓延する前から、どうも市販のマスクは臭いが気になる等、もともと自分で作った布製のマスクをしていたという方もおられます。

先日、友人と話していた際に、その友人の友人がかなり手作りマスクで儲けたという話を聞いて驚きました。

家を買うとまではいかなくても、ちょっとしたリフォームができるくらい稼いだそうなんです。

今は、マスクの単価もかなり下がってしまいましたので、なかなかマスクで満足が行くお小遣い稼ぎができるというわけにはいかないまでも、何もしないよりちょっとでもマスクを作って販売すれば売れればお金になりますよね。

そこで今回は、

*お金をかけずにマスクショップを運営する方法
*マスクを売るためのちょっとしたコツ

などについてご案内したいと思います。

今から、手作りマスクなんか売っても儲けにならないんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、まだまだマスクの需要は続いていくと思われます。あなたのちょっとした工夫で人気マスク作家になれるかもしれませんよ!レッツチャレンジ!

無料でできるショップってどんなものがあるの?

マスクに限らず、自分で作った商品や仕入れた商品をネットで通販で販売するという場合、色々な媒体があります。

良く知られている楽天やAmazonで販売するには、かなり手数料を支払わねばならず、マスクのようにそもそもの単価が低い商品だけを販売する場合はかなりリスキーです。

ですので、マスクの様な少額のものを販売するには、できるだけコストをかけないほうほうでできる販売ルートを探しましょう。

ただし、ほとんどの媒体は手数料がかかってしまうと思ってください。手数料の金額は、媒体によって違いますので、自分の予算がどれくらいなのかをよく検討して出品しましょう。

1)メルカリ

こちらは、かなり知られているネットフリマアプリですよね。

もともとは、自宅にある不用品を販売するという目的で使用している方が多かったのですが、ハンドメイドというカテゴリがあるため、ハンドメイド品を販売する方も多く、可愛いマスクをリーズナブル価格で入手できるとかなり人気があります。

メルカリを利用する場合、登録料は不要ですが商品が販売されれば販売価格の10%がメルカリ事務局に手数料として差し引かれてしまいます。

メルカリの最低出品価格が300円なのですが、300円で商品が売れたとしても、270円しか儲けがありません。また、送料を出品者負担にしている場合は送料は別途経費としてかかってしまいますので、儲けとしては100円あるかないかという状態になります。

ただし、利点としてはかなりの多くのお客様の目に触れるため、あなたが人気作家でなくても人の目に留まる機会が多いということがメリットです。

なお、メルカリで売れ筋であった「キャラクターの生地を使って作ったマスク」は規定が変わって2020年8月31日をもって販売禁止となりました。今後、キャラクターものの(商用利用不可のもののみ)ハンドメイド品はすべて発売が禁止となりますので、ご注意ください。メルカリにつきましては、ユーザーが手軽に事務局に匿名で通報できるようになっているので、すぐにばれてしまいます。ご注意くださいね。

2)minne

ミンネも、販売手数料として販売価格の10%が引かれてしまいます。例えばマスクを1000円で売ったとしても、900円だけ儲けとして上がってくるということです。送料は別途かかりますので送料込みで販売する場合は価格設定に注意しなければなりません。

ミンネも基本的にはメルカリ同様に、著作権法に触れるものの販売を禁止しています。今回メルカリがかなり厳しく取り締まるようですので、もしかするとミンネも、以前は見逃していたものもどんどん取り締まる可能性があります。

キャラクターものの生地で作ったマスクは確かに可愛いですし、持っていても自慢できるので売れ行きは良いのですが、無断で販売することは法律違反ですので気を付けましょう。

ただし、最近では商用利用可能のキャラクター生地も若干ですが増えてきていますので、どうしても可愛いキャラクターものを販売したいという場合は、使っていい生地かどうか自分で調べてみてくださいね。

なお、最近流行りの「輸入生地」はその生地自体が販売を禁止されていますので、これで作成することも同様です。

3)ヤフオク

ヤフオクはヤフーオークションの略です。

こちらは価格を自分が決めるのではなく、最低価格を設定しておいてお客様(買い手)が価格を決めるというシステムです。オークションですので、期間内に一番高い値段を付けてくれた方が購入権があります。

ヤフオクのメリットは、メルカリやminnne同様に、利用者が多いし検索しやすいため、人の目に触れやすいという点です。

デメリットは、オークションですので買い手が希望してくれないとダメということです。これはメルカリやminnneでも言えることですが、例えば自分が最低価格100円とした場合、100円以上で買ってもらえることもあるし、100円で買われてしまうこともあるということ。入札されたらこちらが赤字になろうが販売しなければなりませんので、落札最低価格については慎重に検討して値付けしなければなりません。

また、落札価格がそのまま儲けになるのではなく、ヤフオクも落札価格に対して何パーセントかは手数料として引かれますので、くれぐれも赤字にならないようご注意を。

4)BASE

BASEは、最近注目され始めたネット販売システムで、始める際に無料でできるというのが魅力です。

もちろん、販売価格に対して手数料やサービス料が引かれてしまいますが、売れなければ当然手数料もかかることはありませんので、まずは始めてみたい、手軽にやりたい方におすすめです。

無料システムとはいえかなり本格的なショッピングサイトが作れますし、自分だけのオリジナルページが持てるわけですから、ブランド力を上げるにはうってつけの媒体です。

色々なショップさんのアイデアや見本を見ることができるので、ご自身が「こんなショップにしたい」と思うようなネットショップができそうですね。

5)ラクマ

ラクマは、メルカリとほとんど同じシステムです。

投稿画面もほとんど同じですし、メルカリを使えればラクマも使うことが可能でしょう。

ただし、あくまでも私個人の感想ですがラクマは詐欺行為をしている方が多く、支払ったのに商品が送られてこない等のトラブルが頻発しています。

しかし、このようなトラブルはもちろんメルカリであっても無くなりませんし、他の媒体でも問題になっているので、顔が互いに見えない分どの媒体を使うにしても慎重に行わなければならないと思います。

6)インスタグラム

皆さんの中には、インスタグラムを利用している方も多いと思いますが、インスタグラムでも商品を販売することは可能です。上に挙げたようなネットショップというのではなく、通常の投稿で商品を紹介し、お客様とはダイレクトメールでやり取りするといった方法です。

今のところインスタグラム側も、このような商用利用を制限しているわけではないので、SNSに慣れているという方はインスタグラムでの販売も検討してはいかがでしょう?

7)Facebook

Facebookも、インスタグラム同様で、投稿する際に販売価格を記事の中で挙げておけば、欲しい方は直接連絡をくださるので、やり取りできます。

また、Facebookはプライベートページの他に、ショップページも無料で運用できるのでやり方を調べて使い分けるのもOK

8)ブログ

ブログは、本来商品を紹介したりする媒体ですが、これをネットショップとして利用している方も結構いらっしゃいます。

使い心地やお客様の声などをダイレクトに載せることができますので、マスクのように肌に直接触れるものなどデリケートな商品の場合は、むしろこのような媒体を使うのも手だと思います。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ネット通販で販売しようとしている方に、どんなものがあるのかを少しだけお話しました。

今更遅い・・・なんて、やってみないと分からないので、まずは自分でマスクを作成し、上記でご紹介したいずれかの方法でネット通販をはじめてみませんか?思わぬお小遣い稼ぎになるかもしれませんよ。


ソーシャルボタン

関連コンテンツ