ホーム > 内職で稼げるか検証 > え!?あの人もマスクを手作りしてるの?有名人が作るハンドメイドマスクとは

3474463_s.jpg新型ウイルス感染症で悩まされている世の中ですが、予防のために必須のマスクが品薄状態にあります。

新型ウイルス感染症の出始めの頃よりはかなりマシになりましたが、まだまだマスクは不足していますし、そもそも使い捨てマスクはいくつあっても困ることはありません。

私もそうなのですが、使い捨てマスクはまだまだ数が少ないので、普段は布製のマスクや手作りマスクなど、何回も洗って使えるマスクと不織布のマスクの使い分けをしています。

不織布のマスクは、どうしても人ごみに行かねばならない用事がある際や、病院や施設など感染のリスクが一般的に高いと言われている場所に行く場合には、100%近くのウイルスを防御してくれるので、こちらを利用し使い捨てています。

布製のものは、近所の散歩や買い物など比較的密集していない場所に出かける場合に使うようにしています。

ところで、世の中がマスク不足に悩まされているときに困っているのは、何も私たち一般の人間だけではありません。

芸能人や著名人なども、当たり前ですがマスクは入手困難なわけです。

一見、「どうせ著名人はどこからか特別に支給されるんでしょ」と思われがちですが、どうもそうではなさそう。中にはそのような方もおられるかもしれませんが、それは一般人の中にも特別扱いを受けている人がいるのと同様で、芸能人だからということで特別扱いをもしかしたら受けている人もいるかもしれません。

しかし、逆にそのように一般市民に寄り添っていないイメージが付いてしまうと、かえって著名人は不利のような気がしますよね。やはり、「あの時私たちと同じように困っていて、それを何とか自分のアイデアで克服した」というイメージがあった方が、良いと思います。

実は、芸能人の中にも自分でマスクを作ったり、家族が手作りしたマスクを積極的に使用してアピールしたり、SNSで紹介している方もとっても多いんです。

中には「え?この人手芸できたの?」「意外と器用じゃん!」と思う方も多く、とても興味深いなと思いました。

そこで今回は、手作りマスクを使っている芸能人・著名人、手作りをして実際にひとにあげたり自分で使っている芸能人の方をご紹介したいと思います!

【女性編】

普段からおしゃれな女優さんやモデルさんは、ハンドメイドマスクもおしゃれなものを作りそうですよね。では早速お一人ずつ紹介していきましょう。

佐々木 希さん

佐々木さんは、1988年2月8日生まれで、日本の女優です。ファッションモデル。お笑い芸人のアンジャッシュ渡部さんの奥さまとして知られています。2010年11月25日、秋田県が新設した秋田をPRする「あきた美の国大使」に、加藤夏希(同県由利本荘市出身)とともに委嘱されることが発表されたました。発表に際して秋田県知事・佐竹敬久は二人を「スーパー秋田美人」と称したほど、世間が認める非常に美しい女性として有名です。

そんな佐々木さん、渡部氏との間に男の子のお子様を設けておられるお母様としても日々頑張っておられますが、佐々木さんはミシンで手縫いでマスクを作っていることをSNSで紹介していました。

公式インスタグラム・・・@nozomisasaki_official

深田恭子 さん

1982年11月2日生まれの、深田恭子さんは日本の女優です。愛称は、深キョン(ふかキョン。表記揺れ:フカキョン)、きょーこりん(表記揺れ:恭子りん)。東京都北区出身。ホリプロ所属。

現在、CMや映画、ドラマ出演で大忙しの深田さんですが、お母さまの手作りマスクを愛用なさっているようです。お母様作の愛情たっぷりマスクに感謝しながらお家時間を過ごされている深田さん、とっても可愛いのでSNSをチェックしてみてください。

公式インスタグラム・・・@kyokofukada_official

観月ありささん

1976年12月5日に生まれた、日本の女優、歌手、モデルさんです。本名、青山 ありさ(旧姓:観月)。既婚者。

東京都練馬区出身。ライジングプロダクション所属。明治大学付属中野高等学校中退。

4歳の頃からCMや雑誌などで子役モデルとして活動。 1989年にフジテレビ系で放送された『教師びんびん物語II』の生徒役で連続ドラマ初出演。1990年頃にスカイコーポレーションからライジングプロダクションへ移籍。フジカラー・レナウン「スコレー」のCMで注目を浴び、同じくCMを中心に人気を集めた宮沢りえ、牧瀬里穂と共に、その頭文字をとって「3M」と呼ばれた美人さんです。

そんな観月さんですが、ご自身のTシャツをリメイクして作ったマスクが、SNS上に紹介されるや否や絶賛を浴びているようです。

手作りマスクといえば、どうしても木地や材料を用意して、一から作らなければならないというイメージがありますが、観月さんのようにトップモデルとしても活躍なさっている方が、着なくなったTシャツや衣装などを使ってマスクとしてリメイクすると、なるほどと思いますし、お気に入りの古着をこのような形で使用することで、また生まれ変わらせることができて嬉しいですよね。観月さんが作られたリメイクマスクは、赤のTシャツでリメイクなさったもので、つけていると元気になれそうな素敵なマスク!是非チェックしてみてください。

公式インスタグラム・・・@alisa_mizuki

川栄李奈 さん

1995年2月12日生まれの川栄さんは日本の女優で、女性アイドルグループAKB48の元メンバーです。愛称は、りっちゃん。

神奈川県出身。エイベックス・マネジメント所属。夫は俳優の廣瀬智紀。先日第一子を出産されたお母さんでもあります。

川栄さんは、ご自身で自宅にある生地でマスクを手縫いで作られたようですね。ドラマやCMに忙しくしておられる女優さんですし、お母さまとしてもこれからどんどん忙しくなるのは間違いないのですが、自分で適度にお家時間を楽しんでおられるようで尊敬します。

シンプルですが、愛らしい川栄さんの手作りマスクは、公式インスタグラムでご覧になれますよ。

公式インスタグラム・・・@rina_kawaei.official

紗栄子さん

紗栄子さんは、1986年11月16日生まれの日本のタレント、モデル。宮崎県出身。日向学院中学校卒業。堀越高等学校卒業。早稲田大学人間科学部通信教育課程中退。血液型はO型。

芸名はデビュー当初サエコ、のちにダルビッシュ有と結婚してダルビッシュ紗栄子、2011年より紗栄子としている。2017年より2人の息子が英国ロンドンの寄宿学校へ入学した。本人は日本在住。

いつも、華やかなライフスタイルを私たちに見せてくれている紗栄子さんですので、手作りマスクのイメージが正直無いのですが、なんと自身でプロデュースしたマスクを販売しています。収益は、チャリティーに回すなど、社会貢献を忘れないのは彼女のスタイルですよね。

とても可愛く、季節を問わないマスクなので、是非チェックしてみてください。

公式インスタグラム・・・@saekoofficial

加藤綾子さん

加藤綾子さんは、日本のフリーアナウンサー、女優。元フジテレビアナウンサー。ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属のタレントです。

非常に愛らしいお顔立ちの加藤さんは、色々な番組で引っ張りだこ。

そんな加藤さんも、お母さまが作られた手作りマスクを自身のSNSで紹介。

さらに、とても小さなお顔の加藤さん。なんと子供用のマスクがぴったりでそのお顔の小ささに驚きです。

公式インスタグラム・・・@ayako_kato.official

中島美嘉さん

1983年2月19日生まれの中島さんは、日本の歌手、女優。鹿児島県出身、血液型はA型。所属事務所はアワーソングス。所属レコード会社はソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ。公式ファンクラブ名は「LOTUS」です。1996年、中学2年生の時に鹿児島市内に転校。転校先で馴染めず、友達の通う中学校に一緒に通っていた。1998年に鹿児島市立天保山中学校卒業後、高校には進学せず、約1年間地元のファーストフード店などを中心にアルバイトをしていた。1999年、福岡県福岡市に移り住み、アパートの一室で集団生活をしながらモデルのアルバイトを始める。福岡と鹿児島を行き来することが多かった。2000年秋、モデルとして様々なオーディションにチャレンジする一方で、もうひとつの夢、歌手になることを夢見て、ソニー・レコードに1本のデモテープを送る。

中島さんといえば、その声が特徴的で人気の歌手ですが、ドラマにも出ており、人気のタレントさんです。

ファッションにも注目されていて、そんな中島さんが作る手作りマスクはとってもカッコいいパイピング付きのマスクです。

公式インスタグラムで紹介されているのでチェック必須です。

公式インスタグラム・・・@mikanakashima_official

のんさん

1993年7月13日生まれの彼女は、日本の女優、ファッションモデル、歌手、芸術家。株式会社non代表取締役。本名および旧芸名は能年 玲奈。

現在の兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。

デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名の能年 玲奈(のうねん れな)で活動、2016年7月より独立し、のんの芸名で活動なさっています。

少し変わった経歴を持つのんさんですが、NHK朝のドラマのあまちゃんで一躍有名になりましたよね。

そんなのんさんも、手作りマスクを自分で作っておしゃれを楽しんでいる様子がインスタグラムで紹介されています。

公式インスタグラム・・・@non_kamo_ne

山田優さん

山田 優さんは、1984年7月5日生まれの日本のファッションモデル・女優です。本名は小栗 優(おぐり ゆう、旧姓:山田)。

沖縄県出身。日本芸術高等学園卒業。沖縄アクターズスクール出身(在籍時はB.B.WAVES所属)。ケイダッシュグループのアワーソングスクリエイティブ所属。

夫は俳優の小栗旬さんです。

山田さんは、ご自身でマスクを作っていますが、縫わない方法も紹介なさっていて、裁縫が苦手な方も作れますのでチェック必須です。

公式インスタグラム・・・@yu_yamada_

黒木メイサさん

黒木 メイサさんは、1988年5月28日生まれの日本の女優、ファッションモデル、歌手、タレントです。スウィートパワー所属。夫は元KAT-TUNで歌手の赤西仁。ハワイ在住で、2児の母親としても頑張っておられます。

エキゾチックな顔だちは、同性の女性からも羨ましがられるほどのクールビューティで、とても美人さん。

黒木さんは、予防用のマスクが無くなってしまったため、とりあえず自宅にあった包帯や傷用のガーゼ、輪ゴムなどで代用したものをSNSに掲載したところ、話題となりました。その姿が、夫である赤西さんとそっくりだとコメントが。ご夫婦が似てくる説は本当だった!?

公式インスタグラム・・・@meisa_kuroki_

研ナオコさん

研ナオコさんは、1953年7月7日生まれで、日本の歌手、タレント、女優、コメディエンヌ。田辺エージェンシー所属。

静岡県田方郡天城湯ケ島町出身。静岡県立三島南高等学校中退。「ナオコ節」とも称される独特のアンニュイな歌声と歌唱法で、1970年代中盤から1980年代中盤にかけて数々のヒット曲を世に送り出しました。代表曲には『あばよ』『かもめはかもめ』『夏をあきらめて』などが挙げられます。

研さんは、もともとモノづくりやハンドメイドが得意で、自粛期間にマスクのみならずさまざまなものをハンドメイドして、YouTubeなどで紹介しています。ご自宅で皆さんも作れるように丁寧に解説してくれているので、是非チャレンジしてみてください。

公式インスタグラム・・・@ken.naoko

公式YouTubeチャンネル・・・NAOKO KEN

辻 希美さん

辻 希美さんは、1987年6月17日生まれの日本のタレント、歌手、YouTuber。本名、杉浦 希美(すぎうら のぞみ、旧姓:辻)。愛称は辻ちゃん、ののなど。一人称はのん。

東京都板橋区出身。アップフロントクリエイト所属。元ハロー!プロジェクトの一員。元『モーニング娘。』の4期メンバー。W(ダブルユー)の元リーダー。体重45kg。身長153cm。夫は俳優の杉浦太陽。義理の弟はギタリストの杉浦タカオ。

ご夫婦ですっかり有名なタレントさんですが、若くして結婚しお母さんになったので、最初の方はバッシングも多かったようですが、きちんと家事・育児・母親業・仕事・そして自分の楽しみをこなすスーパーママタレントに成長されましたよね。

そんな辻ちゃんは、お料理が上手でも有名な他、いろいろなモノづくりが得意でもいらっしゃるようです。SNSよりは公式YouTubeで紹介されている方が多いかも。

公式インスタグラム・・・@tsujinozomi_official

公式YouTube・・・辻チャンネル

小池百合子さん

小池 百合子さんは、1952年〈昭和27年〉7月15日生まれで、日本の政治家。東京都知事。東京都練馬区在住。

アラビア語通訳者、ニュースキャスターを経て、1992年に政界へ転身しました。

テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』キャスター、参議院議員(1期)、衆議院議員(8期)、総務政務次官、経済企画総括政務次官、環境大臣、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当)、防衛大臣、自由民主党広報本部長、自由民主党総務会長、自由民主党国際人材議員連盟会長、都民ファーストの会代表、希望の党代表などを歴任した、今では毎日メディアで見ない日は無いほどお忙しい方ですよね。

小池都知事は、メディアのご出身ということで「見せ方」をよく心得ていらっしゃるなと思います。

さて、注目すべきは彼女が付けているマスクです。こちらは手作りマスクですが、毎日違うものを付けておられますよね。それがファッションの一部になっていておしゃれだと大変話題を呼んでいます。ご自身が作られているのか、ファンの方からの贈り物かは不明ですが、都知事のようなリーダーが率先して装着することで、手作りマスクがより市民に親しまれるきっかけになるのではないかと思います。

公式インスタグラム・・・@yuriko.koike

公式YouTube・・・小池ゆりこ

キャシー中島さん

キャシー中島さんは、1952年2月6日生まれの、日本のタレントです。日本におけるハワイアンキルトの第一人者でもあり、所属事務所は株式会社スタジオ・ケイグループ。本名は勝野 八千代(かつの やちよ)で、ハワイ・マウイ島出身で父はアイルランド系アメリカ人の軍属で、母は日本人のハーフタレントさんです。

キャシーさんといえば、ハワイアンキルトの先生としてもかなり有名で、その作品は大変人気があり所望する方も多いようです。

大きく分ければ手芸の先生ですので、キャシーさんもハワイアンキルトを活かしたマスクを作成して利用しているようですね。

キャシー中島オフィシャルブログ・・・キャシーマムのパワフル日記

藤田朋子さん

藤田 朋子さんは、1965年8月3日生まれの、日本の女優、歌手。本名:桑山 朋子(旧姓:藤田)。東京都世田谷区出身。ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属。血液型:A型。身長:159 cm。

渡る世間は鬼ばかりの出演でおなじみの女優さんですよね。

そんな彼女ですが、手作りマスクを様々なメディアで取り上げられているそうです。作り方も聞かれることが多いので、公式ブログで紹介してくれています。

藤田朋子オフィシャルブログ・・・笑顔の種と眠る犬

【男性編】

お次は男性編です。

男性タレントの皆様も、手作りマスクや布製のマスクを取り入れて楽しんでおられるようですよ。とても参考になると思いますので、男性の皆様是非参考にしてください。女性の皆様も、プレゼントしたいななんて思ったときは、参考にしてみてはいかがでしょうか?

明石家さんま

明石家 さんまさんは、1955年〈昭和30年〉7月1日 生まれの、日本のお笑いタレント、司会者。吉本興業所属。本名は杉本すぎもと 高文たかふみで、番組企画・構成等では本名名義でクレジットされることもある。和歌山県串本町出身、奈良県奈良市育ち。

元々は落語家を志して2代目笑福亭松之助の弟子となり、高座名・笑福亭さんまとしてデビューするが、師匠の推薦でタレントに転向し、屋号を明石家に変えた。1970年代後半から現在まで芸能界の第一線で活躍を続けている国民的お笑いスターの1人であり、ビートたけし・タモリと並び「お笑いBIG3」の1人に称される。

明石家さんまさんを知らない方は日本にいるのかなというほど有名なお笑いタレントさんですが、とても器用でいらっしゃるようで、新幹線の中でささっと手ぬぐいで(しかも嵌っておられる漫画、鬼滅の刃のもの)手作りマスクを作ってしまったというのですから驚きです。

この様子は、お笑いコンビ「次長課長」の井上さんの公式インスタグラムでご覧になることができます。

宮川大輔

宮川 大輔さんは、1972年(昭和47年)9月16日 生まれの、日本のお笑いタレント。

京都府生まれ滋賀県大津市比叡平育ち。吉本興業所属。既婚。事務所の先輩である宮川大助・花子の宮川大助とは同音異字。

京都市にあるバプテスト病院にて生まれる。家族は、両親と、姉が1人。小学校2年から高校3年まで滋賀県大津市比叡平育ち。大津市立比叡平小学校、大津市立皇子山中学校、京都西高等学校(現:京都外大西高等学校)卒業。

高校3年生の時に、父親の同級生である桑原征平(当時:関西テレビアナウンサー)の紹介で、同期生から2か月遅れながらNSC大阪校(吉本興業直営のタレント養成所)に入学した。当時は役者志望で、「そういうコースもある」と聞いての入学だったが、いざ入学すると生徒は全員芸人志望だったため結局お笑いをやる事になった。

1991年3月に同期の星田英利とチュパチャップスを結成。

宮川さんといえば、レギュラー番組をいくつか持っておられる今大忙しのタレントさんですが、中でも「世界の果てまでいってQ」での企画、お祭り男は彼の代名詞ともなりましたよね。そんな宮川さん、なんとご自身で手作りマスクを作っているのです。しかも作り方をSNSで公開されていてユーザーからも「わかりやすい」「今度試してみる」と評判は上々のようです。

ご興味ある方は、宮川さんの公式インスタグラムをチェックしてください。

公式インスタグラム・・・@miyagawadai

岡村隆史

岡村 隆史さんは1970年〈昭和45年〉7月3日生まれ、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、ラジオパーソナリティ、お笑いコンビ・ナインティナインのボケ、ネタ製作担当です。相方は矢部浩之さん。

大阪府大阪市東淀川区出身。吉本興業(東京本社)所属。吉本総合芸能学院(NSC)の第9期生。

大阪市立東淀中学校から大阪府立茨木西高等学校に進学し、ディエゴ・マラドーナに憧れてサッカー部に入部。同校の1学年先輩に、矢部浩之の実兄・矢部美幸がいた。2年生時に矢部浩之が後輩として入部し、先輩後輩として付き合いが始まります。当時の友人の中には舞台俳優の鈴木健介もおり、友人らとは卒業後も付き合いがあり、ラジオ番組の中でもコンビの共通の話題として度々ネタにしているそうです。

一浪の末、立命館大学、関西外国語大学、大阪芸術大学に合格。本人は大阪芸術大学に進みたかったが、父・治雄(はるお)の勧めで立命館大学経営学部二部へ進学。しかし、相方の矢部に誘われて吉本興業のタレント養成所・NSCに入所し、大学は1年次で中退しました。

NSC入学時の願書の自己PR欄には「必ずトップに立ち、ダウンタウンのようになって見せます」と書いていたそうですよ。

そんな岡村さん、姪っ子さんをとても大切にしておられて、たびたびお話にも出てくるのですが、その姪っ子さんから手作りマスクが届いたようで、気に入って付けているようです。

公式インスタグラム・・・@okamuradesu

假屋崎省吾

假屋崎 省吾さんは、1958年12月17日生まれの、日本のフラワーアーティスト。東京都練馬区出身。AB型。

園芸好きの両親のもとに生まれ、自称「園芸少年」であった小学生の頃から、NHK『趣味の園芸』『きょうの料理』『婦人百科』を定期購読していた。華道を始めたのは23歳。明治大学夜間学部を経て、早稲田大学文学部に入学。在学中の1983年、「自分を表現するための職業を考えたとき、好きな花で自己表現できるのではないか」と考え、いけばな「草月流」本部教室に入門。家元の勅使河原宏に師事する。映画監督でもあった宏が「いけばなで、それを仕事として独立する気概を持った人」を育てるべく設けた「男子専科」の初期メンバーであった。

早稲田大学卒業間近の1985年末に父親が急逝し、一旦は就職するが3か月で退職し、アルバイトをしながらいけばなに専念。その後、草月工房に入社。草月出版新人賞、ディスプレイデザイン賞など数々の賞を受賞し、財団法人草月会評議員、草月流師範会理事、草月流本部講師を歴任。1992年に現在の事務所を設立する。草月流の基本に留まらず、「假屋崎省吾 花・ブーケ教室[2]」を主宰するなど、ブーケなどの指導もしている。

1996年アメリカ合衆国大統領クリントン来日時、1997年チリ大統領来日時、1998年イタリア大統領来日時や、1999年天皇の在位10周年記念式典に於いて、花の総合プロデュースを務める。単に花を生けるということだけでなく、空間芸術家としての視点を持った作品を手がけている。

日本各地で個展を開催しているが、毎年秋の目黒雅叙園での個展は本人の企画で、教室展も催される。目黒雅叙園の保存建築「百段階段」は、国の登録有形文化財に登録されており、普段は公開されていない。その華美な装飾で埋め尽くされた空間に大がかりな作品も生ける。近年は地方の歴史的建築物にも意欲的に挑んでおり、まちおこしにも貢献している。

お姉キャラタレントとしてのイメージが強い假屋崎省吾さんですが、非常に有名なお花の先生でいらっしゃいます。

そんな假屋崎さんのファッションも、注目すべきポイントのひとつ。

自作でマスクを作られたり、手作りマスクを愛用されたりしていますが非常に美しいマスクをされていてさすがです。

公式ブログ・・・華道家 假屋崎省吾の世界

林家たい平

林家 たい平さんは、1964年〈昭和39年〉12月6日生まれで、埼玉県秩父市出身の落語家、YouTuber。本名は田鹿たじか 明あきら。林家こん平の弟子。落語協会所属、所属事務所は株式会社オフィスビーワン。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業。武蔵野美術大学客員教授。言霊群団「夢吽空」団員。「駄句駄句会」同人、俳号は「中瀞ちゅうとろ」。血液型はB型。人気演芸番組『笑点』(日本テレビ系列)の大喜利メンバー。

出囃子は『ぎっちょ』(「ドラ落語」の際は『夢をかなえてドラえもん』(以前は『ドラえもんのうた』だった))。定紋は『花菱』(「ドラ落語」の際は『鈴』)。芸名にちなんで手ぬぐいや色紙・著書などに、鯛の絵柄をよく用いる。

愛称は、「たいちゃん」。これは、たい平の師匠であるこん平の愛称「こんちゃん」に由来しています。

たい平さんは、日頃から非常にボランティア精神旺盛で、今回もなんと自作のマスクを何百枚もミシンで作って配布なさっています。タイヘーマスクと名付けられたマスクは、子供用もあってお手紙も同封!素晴らしい方ですね。是非ご本人の公式ブログをご覧ください。

公式ブログ・・・そら色チューブ

まとめ

いかがでしたか?

よく知られている方をざっと紹介したのですが、他にもタレントや著名人の方で手作りマスクを愛用したり、自分で作って楽しんでいる方はたくさんおられると思います。

このように、一般人だけでなく芸能人の方も私たちと同じようにマスク不足に悩んでいて、ご自身で工夫して乗り切ろうとされているのを知ると親近感が湧きますし、嬉しくなりませんか?新型ウイルスの流行で、大変なことも多いですが日本だけでなく世界が一つになろうとしているのがわかって、自分だけじゃない、と勇気がもらえる気がします。

ハンドメイドマスクを作りたいけど、方法がわからない。いくつか持ってるけどもう少し個性的なものが欲しいという方は、是非今日の記事を参考にしていただければ幸いです。


ソーシャルボタン

関連コンテンツ