ホーム > 作品一覧01 > 【簡単作り方】フィルターポケット付き立体マスク

3Dpocket13.JPG

●材料費:200円くらい ●製作時間:30分弱 ●売値:350円

☆手芸店等で配布されている立体マスクの型紙を用いて、フィルターポケット付きのマスクが作れます。

1.表地、ポケット用生地(ダブルガーゼ)、定規、布用はさみ、糸切りばさみ、布用ペン、待ち針、ミシン糸、マスク用ゴム、ゴム通しを用意する。

3Dpocket1.JPG

2.立体マスクの型紙の耳側(ゴム通し部分)を出来上がり線で輪にして、表地を2枚カットする。ポケット用生地は耳側の出来上がり線より1cm内側で2枚カットする。

3Dpocket2.JPG

3.ポケット生地の中心側と耳側をロックかジグザグミシンで端始末する。

3Dpocket3.JPG

4.ポケット生地を中表に合わせ、中心を縫い合わせる。

3Dpocket4.JPG

5.4で縫った縫い代を割り、表側から抑えミシンをかける。

3Dpocket5.JPG

6.反対側の縫い代も同様に抑えミシンをかける。

3Dpocket6.JPG

7.ポケット生地の両サイドを1cm外表に折り、ミシンをかける。

3Dpocket7.JPG

8.表地2枚を中表に合わせ、両サイド(中心になる部分)を縫い合わせる。

3Dpocket8.JPG

9.8で縫ったところを中心にもってきて、ポケット生地を中に入れ、中心を合わせる。

3Dpocket9.JPG

10.上下を3枚揃えて縫う。この時、返し口を少し縫わずに残しておく。

3Dpocket10.JPG

11.表にひっくり返す。

3Dpocket11.JPG

12.縫い代を内側に入れ込み、周りをぐるっと一周縫う。この時、耳側はゴムを通すために、1cmほど内側を縫う。

3Dpocket12.JPG

13.ゴムを30cmほどにカットして通し、完成。

3Dpocket13.JPG


ソーシャルボタン

関連コンテンツ